OJADとそれを用いた音声指導
Introduction to OJAD (Online Japanese Accent Dictionary) for Japanese Pronunciation

Teachers of Japanese and students of Japanese are welcome!

Thursday, March 14
1:00 – 3:00 p.m. (First Session)
3:30 – 6:00 p.m. (Second Session)

JASWDC Office
1819 L St NW, Suite B2
Washington, DC 20036

Language: Japanese (English can be accommodated)

Free of Charge

Please e-mail Megumi Brindley at megumibrindley@gmail.com with your full name to register. Registration ends March 10, 2019. Limited space (20 spots) available.

「日本語らしく自然な発音を学びたい」と考える学習者は多いですが,音声・韻律教育教材が不足しています。このような現状に鑑み,
a) アクセントやその変形の様子を,教科書ガイド的に分かり易く表示し,
b) 共通語アクセント・イントネーションを任意の文に対して表示し,
c) その通りに読み上げる,
などの機能を備えた OJAD が,国語研との協力で開発されました。本講習会では
1) 日本語アクセント・イントネーションに関する基礎知識の整理
2) 学習者の不適切な韻律を,母語話者はどのように知覚するのか?
3) OJAD4機能の紹介と,演習形式での体験学習
4) アクセントのコンテキスト依存性はどのように規則化できるのか?
5) OJADを使ったスピーチの指導法
を学びます。本講習会は30ヶ国以上で,130回以上,開催してきました。
♪参加資格:日本語教師,及び,中級以上の学習者。参加費は無料。充電済みの tablet/laptop をご持参下さい。机を用意できないので tablet を推奨します。

日本語のフライヤーはこちらです

Since the first release of OJAD (Online Japanese Accent Dictionary) in August 2012, there have been more than 3.0 million accesses from all over the world. We have given tutorial workshops for OJAD more than 130 times in over 30 countries. Now, the Japan-America Society of Washington DC will host an OJAD workshop in the Nation’s Capital!

The workshop will:

  1. Provide you with the fundamentals of the Japanese accent. What is accent sandhi? What is an accentual phrase?
  2. Provide you with fundamentals of phrase intonation in Japanese. What is the shortcut to acquire skills for reading Japanese text naturally and fluently?
  3. Show you how to use OJAD for your self-training of Japanese pronunciation, or for your students’ training.

All attendees should bring a fully-charged laptop or tablet to the class. 

峯松信明:1995年,東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。2000年,同大学院助教授。2012年,同大学院教授。専門は音声科学/工学。高校時代に英語教師を目指すも,理系の道を選択。大学時代は英語劇の舞台の上で発音を磨き,音声技術を習得後は,外国語教育支援を研究テーマの一つとして現在に至る。音声分析/認識/合成などの技術を教育応用しており,各種学会で CALLチュートリアル講演を行なっている。国内外の学会から論文賞を多数受賞しており,また,学会組織への貢献度も高く,2020年にはSpeech Prosody 東京大会の大会委員長を務めることになっている。

Nobuaki Minematsu received his doctorate in Engineering in 1995 from U Tokyo and is now a full professor there. He has a wide interest in speech communication from scientific and technical viewpoints, and has expert knowledge on CALL (Computer Aided Language Learning). He is the reader of Project OJAD and received academic awards from RISP, JASI, ICIST, O-COCOSDA, PSJ, and IEICE. He will be a general chair of Speech Prosody 2020 in Tokyo.