Living in the U.S.A.

第七回 ―在米日本個人、個人事業主税務に影響する2017年米国税制改正条項―

 

日にち/Date:          10月16日(火)/Tuesday, October 16th

時間/Time:             午後12時から午後1時/From noon to 1:00 pm

場所/Place:             ワシントンDC日米協会/Japan-America Society of Washington DC

Japan-America Society of Washington DC
(1819 L Street NW, B2, Washington, DC 20036)

言語/Language:            日本語と英語/Japanese and English

参加費/Participation Fee:          無料(日米協会会員)、10ドル(非会員)/Free for JASWDC members, $10 for non-JASWDC Members

                    お弁当/Japanese lunchbox:15ドル/$15

参加申し込み(Registration)はこちら

締め切り/Deadline:        10月12日(金)までにお支払いを完了してください。
Please complete your payment before Friday, October 12th

(キャンセルは締め切り日までにご連絡お願いします。/If you want to cancel your registration, please do so by deadline.)

For more details, please click here.

2017年、米国税制改正法案「減税雇用法(Tax Cuts and Jobs Act)」が連邦議会上下両院で可決されました。これはレーガン政権以来30年ぶりの大規模税制改革となります。今回は、在米日本個人、個人事業主の米国税務への影響が大きい条項に絞って日本語の通訳をつけて解説して頂きます。

スピーカーはCBM – Councilor, Buchanan & Mitchell, P.C.で税務取扱取締役をされているRichard E. Morris氏です。また日本語通訳は同会社で上級監査役をされているNorah Jones氏に行っていただきます。

スピーカーのご紹介

Richard E. Morris, CPA, MST           

米国公認会計士、税務修士

CBM 税務取扱取締役

 

 

Norah Jones, CPA

米国公認会計士

CBM 上級監査役